So-net無料ブログ作成

東京猫物語 第八十三話ー⑬ [「東京猫物語・外猫観察記」(管理人著・猫のお話)]

東京猫物語
第八十三話 里親会の顛末弐ー⑬

里親姉妹と別れた後、私と看護助士おばさんは車で帰路につきました。
看護助士おばさんがさぞかし里親女を責めるかと思っていた私は、平穏なままに解散したことが意外でした。看護助士おばさんは緊張の後に気が抜けてしまい、怒る元気も無くしてしまったのでしょうか。
里親女は狡猾な人間とは思えません。最初から嘘をついて看護助士おばさんを騙そうとした訳ではないものの、ミイちゃんによく似た色柄の仔猫が見つかったので、これ幸いにその仔猫をあてがうことにしたのでしょう。仔猫の返還義務を果たして連日の責め立てから早く開放されたいという里親女の心情は、我が身を里親女の立場に置き換えるまでもなく理解できます。

さて、その後、里親女に対する看護助士おばさんの態度は日増しに輪をかけて尊大になりました。一日五万円以上掛かる猫探偵を雇い、ミイちゃんを捜し出すように、毎日昼夜を問わず電話で迫りました。間も無く、里親女は看護助士おばさんに行き先も告げずに何処かへ転居してしまいました。同時に、里親女の携帯電話も繋がらなくなりました。
(続く)

次回、第八十四話、公園へ戻ります。
以上
管理人
2016.10.16

「どこにでもいるような飼主のいない猫たち。彼らのことをよく知るほどに、きっと素敵な猫に魅せられるはず。飼主のいない外暮らしは、猫たちにとって決して楽ではありません。どうぞ、懐いたらお家に迎えてくださいね」

*東京猫物語は1998年から数年間、東京都心の某公園で猫たちを観察した体験に基づく実話です。
Copyright : All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
当ブログに掲載されている内容の無許可転載・転用を禁止いたします。