So-net無料ブログ作成

東京猫物語 第八十四話ー① [「東京猫物語・外猫観察記」(管理人著・猫のお話)]

東京猫物語
第八十四話:麻雀屋さんと猫-①

「そんな塩辛い物、上げないで。健康に悪いから!」
麻雀屋の年配の女性従業員さんが、猫におにぎりを与えている若い娘を叱責しました。見知らぬ娘が吸う煙草の煙が、猫に掛かったことも癪に障りました。
「あんたの猫じゃないでしょう?小うるさいこと言わないでよね」
若い娘は抗弁しました。親しい知人同士なら、公園猫の飼い方についてよく話し合うことは可能です。しかし、どうしても自分の主張を通したい人は、猫を自宅に引き取って飼猫にするほかありません。

麻雀屋さんたちは三人で相談した結果、猫町公園の茶トラ猫を雀荘の中庭で飼うことにしました。茶トラ猫はマミと名付けられました。
マミには生後一ヶ月位の仔猫が二匹います。麻雀屋さんたちは、猫のトイレを二つ、飲水のボールとステンレスの小皿を三つずつ買い揃えました。中庭にある物置の中を綺麗に片付け、空いたスチール棚の上に猫のベッドを整えました。

マミは雀荘の中庭と外を自由に行き来します。
営業時間中、麻雀屋さんたちはマミたちを事務所の中にも招き入れます。マミが仔猫たちを置いたまま外出することも稀ではありません。そして、普段は安心して仔猫たちと一緒に御飯を食べたり、物置棚のベッドに寝そべったりしています。仔猫たちが中庭で御飯を食べている時、見慣れない客が来店すると、マミは中庭から店の方を向いて注意を傾けます。また、誰であっても自分に触れようとすると、マミは素早く身をかわして逃げてしまいます。麻雀屋さんたちはマミに不妊手術を施したいと考えていました。
(続く)

以上
管理人
2016.10.30

「どこにでもいるような飼主のいない猫たち。彼らのことをよく知るほどに、きっと素敵な猫に魅せられるはず。飼主のいない外暮らしは、猫たちにとって決して楽ではありません。どうぞ、懐いたらお家に迎えてくださいね」

*東京猫物語は1998年から数年間、東京都心の某公園で猫たちを観察した体験に基づく実話です。
Copyright : All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
当ブログに掲載されている内容の無許可転載・転用を禁止いたします。

共通テーマ:ペット