So-net無料ブログ作成

NHK「ダーウィンが来た」・子猫たちを見殺し [閑話・ブログ管理人より]

NHKの番組「ダーウィンが来た」(2016.11.20)で、猫の島を取材していました。
http://www.nhk.or.jp/darwin/special/cat.html

生まれて間もない子猫たちには危険がいっぱいという件で、
母猫が産んで間もない子猫たちを残して出かけている間に、一匹のオス猫が子猫たちを
殺してしまうシーンを取り上げていました。

子猫たちの隠れ場所にオス猫が近づいて入り込み、断末魔の叫び声が止んだところでスタッフが
覆いを取り除き、隠れ場所の中からオス猫が逃げ出した後に、子猫たちが死んでいたという映像。

オス猫が近づいた時、スタッフが追い払うことは容易でした。機材を設置してその場で様子を
確認していたのですから。オス猫を追い払いさえすれば、この場においては子猫たちは死ななかったはず。結果をスタッフたちは容易に想像できたはずなのに、子猫たちが殺される結果を映像に
残すことを優先したのですね。(番組)のために平気で命を犠牲にするの???

ある猫写真家が「猫は野生」なんて叫んでいたけど、トンチンカンなコメント。
島の猫たちは人から魚などを与えられていて、生まれてくる子猫たちの一割ほどしか大人になれない由。これって、愛護動物の不適切飼養そのものじゃないですか。

野生動物の世界なら手を出さない選択も時にはありかもしれませんが、それだって目の前の浜に子亀がひっくり返っていたら、起こすくらいはありでせう?

NHK「ダーウィンが来た」スタッフたちは、目の前で救える子猫たちを衝撃的映像を撮るために
見殺しにしたのですね。取材の意図は子猫たちを犠牲にしなくても別の形で表せたはず。

以上
管理人
2016.11.22



共通テーマ:ペット