So-net無料ブログ作成

東京猫物語 第八十九話ー① [「東京猫物語・外猫観察記」(管理人著・猫のお話)]

東京猫物語
第八十九話:猫の友ー①

私はおにいちゃんとの暮らしを楽しんでいます。
おにいちゃんを飼猫として家に迎え、お互いに都合の良い時だけ接していた外猫時代とは違う関係を築いています。
おにいちゃんには、家の中の生活しかありません。
おにいちゃんの猫生は、飼主次第で良くも悪くもなります。
「おにいちゃんをうちに連れて来てよかった」
今、私は心からそう思えます。おにいちゃんはどうでしょうか?
公園暮らしを続けていたおにいちゃん。
私はおにいちゃんを屋外へは出さない、完全室内飼いにしました。
当初、おにいちゃんは外の世界を恋しがり、室内だけの生活にストレスを感じていました。二階のベランダで外の空気を吸わせたり、時間を見つけては一緒に遊んだりしました。おにいちゃんが家の中の生活に少しでも満足できるように、私はできる限り努めました。
月日を経て、おにいちゃんは家の中の暮らしに慣れました。
今、おにいちゃんはそれなりに幸せだと、私は信じています。
人の場合も然り、完全に満足のいく生活などはあり得ません。
「何でも思い通りになる猫生も無いのだよ」
私はおにいちゃんに弁解します。
(続く)

第八十八話は、飼猫との暮らし 弐:「猫と麦茶」ですが、この件は番外編(飼猫との思い出)にて、前に記載しましたので省略致しました。
寒さもあって、体のあちこちが痛むこの頃。皆さまもどうぞご自愛ください。

以上
管理人
2017.2.19

「どこにでもいるような飼主のいない猫たち。彼らのことをよく知るほどに、きっと素敵な猫に魅せられるはず。飼主のいない外暮らしは、猫たちにとって決して楽ではありません。どうぞ、懐いたらお家に迎えてくださいね」

*東京猫物語は1998年から数年間、東京都心の某公園で猫たちを観察した体験に基づく実話です。
Copyright : All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
当ブログに掲載されている内容の無許可転載・転用を禁止いたします。


共通テーマ:ペット