So-net無料ブログ作成
検索選択

東京猫物語 第八十三話ー⑦ [「東京猫物語・外猫観察記」(管理人著・猫のお話)]

東京猫物語
第八十三話 里親会の顛末弐ー⑦

院内は静かで、待合室にいても受付カウンター越しに診察室の中での遣り取りが分かります。
私と里親女の姉は受付の前に立って診察状況を見守っていました。看護助士おばさんが仔猫探しに至った経緯を一人で喋り続けています。
誰かが頼みに来ていたのでしょう。受付カウンターのすぐ右手、待合室の掲示板には、一月前に配布されたミイちゃん捜索のチラシがマグネットで留めたままありました。

獣医師は五十代前半と思われる、体格の良い男性でした。獣医師は最初に猫の体重を計り、次いで猫の口を開けさせて歯の状態を調べました。
「なるほど、大体生後四ヶ月前後ですね」
診察台の上で丸まっている猫はとてもおとなしく、獣医師の為すがままでした。獣医師は診察台の上に点灯しているスタンドライトの位置を調節し、小さなスコープを目に掛けて仔猫の眼球を丁寧に調べ始めました。
「うーん。左の目に傷は無いな。右目かな。うーん。どちらにも傷は無いな」
獣医師は診た通りの結果を告げました。
(続く)

以上
管理人
2016.08.30

「どこにでもいるような飼主のいない猫たち。彼らのことをよく知るほどに、きっと素敵な猫に魅せられるはず。飼主のいない外暮らしは、猫たちにとって決して楽ではありません。どうぞ、懐いたらお家に迎えてくださいね」

*東京猫物語は1998年から数年間、東京都心の某公園で猫たちを観察した体験に基づく実話です。
Copyright : All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
当ブログに掲載されている内容の無許可転載・転用を禁止いたします。

共通テーマ:ペット

東京猫物語 第八十三話ー⑥ [「東京猫物語・外猫観察記」(管理人著・猫のお話)]

東京猫物語
第八十三話 里親会の顛末弐ー⑥

五分も歩くと、私たちは動物病院に到着しました。真っ白な新しい建物です。
中央のガラス扉から中に入ると、私たちの他に来訪者はいませんでした。
看護助士おばさんが受付で用向きを告げると間も無く、私たちは二部屋ある診察室の待合室に近い方の部屋へ通されました。その診察室は待合室とは引戸一枚で隔てられていて、受付のカウンター越しに待合室から中の様子が窺われます。

キャリーバッグを抱えた里親女と看護助士おばさんが先ず診察室に入り、里親女の姉が後に続こうとしました。しかし、診察室は四人も入るには狭く、私と里親女の姉は待合室へ戻りました。
「この猫がこの近所で逃げ出してしまった猫かどうか、確認してください。捜している猫の証として、左目の眼球に小さな傷がありました」
看護助士おばさんが、再度用向きを獣医師に告げました。
(続く)

以上
管理人
2016.08.21

「どこにでもいるような飼主のいない猫たち。彼らのことをよく知るほどに、きっと素敵な猫に魅せられるはず。飼主のいない外暮らしは、猫たちにとって決して楽ではありません。どうぞ、懐いたらお家に迎えてくださいね」

*東京猫物語は1998年から数年間、東京都心の某公園で猫たちを観察した体験に基づく実話です。
Copyright : All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
当ブログに掲載されている内容の無許可転載・転用を禁止いたします。

共通テーマ:ペット

猫の性 [閑話・ブログ管理人より]

イヴリンと新聞

新聞を広げて読もうとすると、必ず乗ってきます。
自分以外に人が夢中になるのが気に入らないのです。

電話で話すと、啼いてからんで妨害。

以上
管理人
2016.08.19


共通テーマ:ペット

東京猫物語 第八十三話ー⑤ [「東京猫物語・外猫観察記」(管理人著・猫のお話)]

東京猫物語
第八十三話 里親会の顛末弐ー⑤

「ミイちゃんとも思えるし、はっきりそうだとは言えないわね。どう?写真に似ている?」
看護助士おばさんは右手の掌に仔猫の写真を掲げました。
看護助士おばさんは確信が持てないままでした。
看護助士おばさんが分からないのに、二ヶ月前の写真と見比べただけで私に見分けがつくはずがありません。
私は屈んでキャリーバッグの中を覗き込みました。
「色柄は似ていますね」
私が答えると、里親女が横から口を挟みました。
「絶対ミイちゃんに間違い無いわ。たった何日間かだったけれど、私はミイちゃんと一緒に寝たり遊んだりしたからよく分かるの」
里親女は言い切りました。
「これからすぐそこの動物病院へ行くことにしたのよ」
看護助士おばさんは、ミイちゃんの左目の眼球に小さな傷があったことを覚えていました。
「獣医さんに診察して貰えば、はっきりすると思うの」
(続く)

以上
管理人
2016.08.15

「どこにでもいるような飼主のいない猫たち。彼らのことをよく知るほどに、きっと素敵な猫に魅せられるはず。飼主のいない外暮らしは、猫たちにとって決して楽ではありません。どうぞ、懐いたらお家に迎えてくださいね」

*東京猫物語は1998年から数年間、東京都心の某公園で猫たちを観察した体験に基づく実話です。
Copyright : All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
当ブログに掲載されている内容の無許可転載・転用を禁止いたします。

共通テーマ:ペット

災害時、ペット同伴避難の実現を!  [閑話・ブログ管理人より]

「空楽(そら)の家族」様からのご依頼です。
行きつけの病院で同伴避難について、署名を募っている由、
以下、blogからのコピーです。

(龍之介動物病院HPより引用)
“同伴”避難は、避難所内にペットも入れるが、“同行”避難は、一緒に逃げることのみを指し、避難所には入れないことも。私は“ペット同伴避難”について、宮城や福島を視察しました。そこでは、避難所にペットが入れず、家に置いてくる人がほとんど。家族同然の犬や猫と離れたことで心の支えを失い、寝たきりになった人もいました。そして熊本地震でも同じ事が起きました。私たちは学ばなければならない。災害で本当に人を助けるなら、ペットも一緒に助けないといけません。飼主さんにとってペットは生きる希望です。 必死にガレキの下からペットを救い出し、やっと辿り着いた避難所で言われた一言は、ペットは外へ。ペットは家族です。互いに支え合う関係です。離れてはいけない。ペット同行ではなく、屋内で一緒に居られる同伴避難所が必要です。 熊本地震の際、当院をペット同伴避難所として解放しました。ペットが一緒にいることは、ペットのためにも、飼主さんのためにもプラスであることを確信しました。
そこで、龍之介動物病院では災害時もペットという家族と安心して避難できるガイドラインの整備同伴避難所開設のマニュアル作りを行うために、この署名を国会へ提出します。

ということで署名をお願いしております。
http://ryunosuke.co.jp/(click)

災害時のペット同伴避難所の開設署名のご協力のお願い(写真)をクリック
署名のお願いがございます
電子署名も受け付けておりますので皆様のご協力お願いいたします。
以上、空楽の家族さまからのご依頼でした。

ちなみに、
環境省が公表している既存の「災害時の動物救護のガイドライン」はこちらです。
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2506.html
東日本大震災の後、災害時に可能な限りペットを避難所へ入れられるようにという要望はガイドラインに織り込まれましたが、各自治体の努力ベースであり、まだ実現には課題が残っていますね。

以上
管理人
2016.08.09


共通テーマ:ペット

東京猫物語 第八十三話ー④ [「東京猫物語・外猫観察記」(管理人著・猫のお話)]

東京猫物語
第八十三話 里親会の顛末弐ー④

里親女の部屋の前に着くと、看護助士おばさんが呼び鈴を鳴らして名乗りました。里親女はすぐに出て来て私たちを部屋の中へ招きました。そこには里親女の姉も来ていました。
「すぐに済むでしょう」
私は入室を辞退し、部屋から出て来た里親女の姉と通路で立ち話をしました。
里親女の姉によると、看護助士おばさんは早く仔猫を見つけるように毎日里親女に催促し、時としてかなり高飛車な態度で接していたそうです。怖くなった妹(里親女)は、今日姉に同席するように頼んだという話です。

看護助士おばさんが入室してから二十分は経ったでしょうか。里親女の姉と話が尽きた時、二人が部屋の中から出て来ました。二人は晴れ晴れとした表情とは程遠く、里親女は仔猫の入ったキャリーバッグを右手に提げています。
「長かったですね。どうでした?」
私は看護助士おばさんに尋ねました。
(続く)

以上
管理人
2016.08.07

「どこにでもいるような飼主のいない猫たち。彼らのことをよく知るほどに、きっと素敵な猫に魅せられるはず。飼主のいない外暮らしは、猫たちにとって決して楽ではありません。どうぞ、懐いたらお家に迎えてくださいね」

*東京猫物語は1998年から数年間、東京都心の某公園で猫たちを観察した体験に基づく実話です。
Copyright : All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
当ブログに掲載されている内容の無許可転載・転用を禁止いたします。

共通テーマ:ペット

暑中お見舞い申し上げます。 [閑話・ブログ管理人より]


イヴリンのお昼寝

暑中お見舞い申し上げます。

もうすぐ立秋ですが、暑さはこれから。
皆さま どうぞご自愛ください。
DSCF1042.JPG

以上
管理人
2016.08.05





共通テーマ:ペット